特別な体験

引っ越しのために、夫帰国。帰国の飛行機の隣に座ったイタリアの方とお友達になったのだが、その方ピアニストだそうで。そこまででもびっくりなのだけれど、さらに彼のお友達が東京フィルの指揮者だそうで、定期講演に招待してくれました。そうない機会なので、子をホテルの一時保育に預け、行ってみることに。

 

そして当日。カウンターでチケットを受け取り席を探すと、そのピアニストの方とさらに指揮者の彼女が座るよつな席のすぐ後ろという超ビップ席。あまりの待遇に大恐縮。そして、演奏がはじまり。。。。圧巻の大迫力。なぜか、涙が出てきそうに。オーケストラは学生オケしか聞きに行ったことはなかったので、えらそうなことはいえないが、この大迫力にみんな聞きにくるのかなぁなんて。あとは、軽やかに転げるようにうごきまわる指揮者。生ならでは。

 

アンコールはお囃子で、これまた大迫力で感激。

 

終了後も、楽屋に連れていってもらって、指揮者の方と写真とらせてもらったり。大興奮。

 

某有名俳優(わたしが子どものころみていたドラマに20-30代の男前役でよく出ていた)さんが、私たちの前に座っていて、さらにピアニストの彼のお友達でもあるらしく、休み時間に紹介してもらい、期せずして握手までしてもらった。それなりのお年なのに、しゅっとしていて素敵でした。夫は、飛行機でお友達になって、普段はノーベル賞取った施設でお仕事してるというはなしをしたが、あまりピンと来なかったみたい。そしてこちらからは、何されてるんですか?と聞けるわけもなく、そこで会話終了。

 

コンサート終了後、子を迎えに行き、晩御飯へ。夫が行きたいといっていた、小籔さんオススメのピザ屋に。6時ですでにいっぱいだが、お腹もすいていないので、一時間後に予約して近くのバーで暇潰し。おそとの席でいい気もち。夫は、ブルームーンを飲んでいた。アメリカではいまいちな気がしたけどのんでみるとけっこうおいしい。タップからだったからかな?

 

そうこうするうちに、予約の時間になったのでピザ屋へ。それなりのお値段です。とはいえ、ミラノよりは安いかな、なんて言いつつ。サイズはそれなりに大きいとのことなので、一枚頼む。うん。おいしい。いつのまにやら外に長蛇の列。そして、さらに、奥の席に小籔さん発見!!!お仕事の方と来ていたのでしょうか。いずれにしろ、こうやって来ているということは、ほんとにオススメなのねっということがわかりました。

 

そんなこんなで、素晴らしい音楽を体感し、さらには芸能人の方を二人もお見かけするという非日常な一日でした。

 

帰りは、東横線から井の頭線。渋谷駅の乗り換えに辟易。渋谷駅って新しくなって改善したのではなかったっけ?せめてもの救いは、この大移動に子が全部歩いて(走って?)くれたこと。子は渋谷駅のあの人混みを巧みにかき分け、あっというまに走り抜く。驚異的な、動体視力?である。

 

あーつかれた!でも楽しかった。夫のもたらした偶然に感謝!