出張

9月以来の海外出張。子を預けての出張は、国内も含めると11月以来。前回は、とーちゃんが、実家に連れていってくれました。今日は、子を実家(山口)に預けるため、飛行機で羽田空港を出発。明日には福岡から成田に舞い戻る。心配していた雪をやんだみたいで、飛行機は無事とびたち一安心。wifiがキャンペーン中で、無料接続できるJALの機内で、子もお昼寝中なのでこれを書いている。

 

今回は、事前に、おばあちゃんのおうちに、一緒に行った後、かーちゃんはお仕事。なので、その間、おばあちゃんとお留守番。そのうち、とーちゃんが、迎えに来てくれて、特急電車で滋賀のおばーちゃんのうちによって、おうちにかえってくる。そこにわたしもかえってくるよ、というと、うん。といっていたがどうなることやら。最近かーちゃんべったりがすすんでいるのでやや心配。

 

いろいろ複雑な旅程にも関わらず、どうやら結構わかっているらしい。

「とーちゃんのかぎ!」

といって、スペアキーを探してくれた。帰る日がどちらがはやいかわからないので、おばあちゃん経由で鍵をわたさなければならないので、助かった。

 

空港までのバスも、歌を歌ったり、景色を見たり、ぐずることなく過ごす。わたしが、飲まずにもって帰ってきていたジュース、「とーちゃんとのむ!」

と言っていて、大事にずっと手に持ちつつ、どうしても飲みたいのと随分葛藤。とはいえ、ずっと持っているのも邪魔になるので、私が

「のんだら?

の一言で決意を固め、ごくごく。

 

空港ついた後も、ご機嫌で、

「ジャルのる!」「ひこうきみる!」「ひこうきいた!」

と興奮気味。