ないー!

ない。なくなった。ということがよくわかってきた。子のおかずを全部お皿に盛ると、フライパンを見て、「ないー!」。
さらに、靴下をはいて片方見つからないと、履いてないほうの足を指差し、「ちったー、ないー!」。キリンのパズルのピースがないと「きりん、ないー!」。文章らしきものも言えるようになりました。

苺、バナナ、お芋が大好きで、これらをみると、満面の笑み。苺は、私が取ろうとするとものすごい恐ろしい目付きで睨んでくる。大変に貪欲です。